ボジョレー解禁!

/ 2011年11月27日日曜日 /
耶馬溪にてお呼ばれキャンプイン。

アウトドアの先輩方、毎年凄すぎます。

フランスから空輸されたボジョレーと、イベリコ豚と、越前カニとetcetc......

お金の心配も、時間制限も無し、周りには気の会う仲間だけ、眠たくなったら隣には自分のキャンパー。

そりゃもう外食で食べに行く所なんて何処にも無い筈だわ。

ジムニーむいてみました。

/ 2011年11月25日金曜日 /
甘栗ならぬ、「ジムニーむいてみました」。

先日到着したヒッチメンバーのフィッティングです。

そしたらば!
フレーム幅がチェロキー(たぶんCJも、もしかしてジープも?)と全く同じでした。
アメ車であるチェロキー用のパーツが、幅、高さ共に、なんでだかピッタリなのです。

つまり!
ジムニー用では発売されてないクラスⅢヒッチが、小加工で装着できそうな予感!

いじらない宣言をしていた筈のジムニーが早くも色々されはじめております。

ありがとう!

/ 2011年11月23日水曜日 /
本日も素敵な来客が・・・・・・
他にも、お祝いやプレゼントを寄せて頂いた方々、なかなかお返事が出来ていません。

まだまだカミサンは動けていないので、ボチボチお返事orお便りいたします。

皆さん!本当にありがとう御座います!

神楽番。

/ 2011年11月21日月曜日 /
今年はウチは「神楽番」。

地域の夜神楽の運営の当番っち言う事です。

その日は!ズバリ朝の8時から、お宮の掃除やら準備を始めて、
神楽は14時から翌朝までの耐久レースです。

今年は娘も生まれた事だし、縁起も良いっちゅー事と、地域への恩返しも含めて、父ちゃん頑張りまっす。
準備中、見せて貰った神楽面の裏には、「天保三年」と。
ちなみに179年前ですね。

モチロン娘の名前でお神楽を上げた(演目をオーダーする)のは言うまでもありません。

いやはや寒かった。眠かった。

そして、いよいよ冬本番ですね。

内田ボブ&ナーガ先達。

/ 2011年11月19日土曜日 /
良いライブでした。

古民家でのオールドフォークマンのライブと、「部族」の先達のポエトリー。

絵になり過ぎです。
「僕らは地球を愛しているか? 地球が僕らを愛しているほどに?」
そして、「イーグルソング」、「おおチェルノブイリ」へ。

直接、部族の方々を見た世代では無いし、どっちかと言えば都会の団地生まれビースティーやらパブリックエネミーで育った環境でしたが、
今は、自分も田舎に暮らして、子を持ち、そして原発が吹っ飛んだ今、ボブやナーガ、ナナオさんが歩んだ道や、行動や詩に共感を覚えずには居られません。

残念ながら、まだまだ「おおチェルノブイリ」を、知らない世代に伝えるべくお元気で歌い続けてください!

由布彩のヒッチメンバー。

/ 2011年11月18日金曜日 /
今日もゴツイの来ましたよ。

先日950登録(牽引ヘッド登録)してきた「ジムニー」に着ける為の「チェロキー」のヒッチ。
なんでまたジムニーなのにチェロキー用なのかと言うと、そもそもジムニー用の750キロ以上(クラスC)ヒッチが販売されて無い訳です。
日本の法律上、ジムニーは軽だから、牽引能力500キロのAクラスあれば普通はOKなので、それしか出てない。

どーしても今回は、750~1000kgクラスの牽引能力が欲しかったんで、自作するかとか、何かのを流用するか?などと調べて見てますと・・・・・

矛先はやはり10000ccのトラックで4トンのキャンピングカーを引っ張ってる事が「普通」なあの国の、「アメ車用」ヒッチを探してきてジムニーにくっつけるのが最適と判断。

さらに調べて驚いたのは、クライスラーのチェロキー(CJも?)とジムニーのラダーフレームの幅はほとんど同じだった!
やっぱジムニー自体の設計はジープから来てるからか?

雨だから、まだバンパー剥いでませんが、せっかくの強度を無駄にしないマウントだけ工夫すれば、ジムニーに最大牽引能力2500kgのクラスⅢヒッチがボルトオンできるかも!

などと言う完全な憶測だけで、本日チェロキー用のヒッチが到着!。

玄関に宅配で届いたこの鉄骨を見てカミさんが一言、「由布彩のヒッチメンバーが来たわね」と。

旦那も旦那だがカミさんもすごい理屈です。

週末19日は、内田ボブ ナーガLIVE&里カフェバザール

/ 2011年11月16日水曜日 /
週末19日は、百種で「内田ボブ ナーガLIVE&国東源帰 里カフェバザール」が開催されます。
まだまだベイビー生んだばっかで、ウチはバザー参加は無理なんで、私はPAマンで参加。

ご近所さん是非ドウゾ!

詳細>>http://momokusa.blogspot.com/2011/10/1119live.html

バザーは10時オープン、ライブは15時からです。

凍った!

/ 2011年11月15日火曜日 /
ついに今朝「初霜」観測。
いよいよ冬が来ますね。

リトラクタブル型&リサイクル型物干しです。

/ 2011年11月14日月曜日 /
部屋のレイアウト上、薪ストーブの奥に板間の袋小路部分が有って、夜、其処に暖かい熱が溜まっている場所がある。

アメリカのパーマカルチャーガーデンでも、屋根裏に昼の熱を貯めて、夜に洗濯物を乾かすシステムを見たなあと思い出す。

そして、子供が出来て、毎日布おむつを15枚洗っている。

この余熱は、まさにこのおむつを乾かす為の熱だったのか!

っちゅー訳で、天井に「リトラクタブル」物干しを作ってみた!

通常はこう収まってて、
滑車で下ろせます。
もちろん材料の竹は裏庭でゲット!
しかも!薪ストーブの廃熱を利用して乾かします。
さらに!またもや可変式の納豆屋のリン君作の、おむつ専用設計の物干しを合体させて・・・・・

エコでリサイクルな「おむつ対策!」完成!

譲った男。

/ 2011年11月12日土曜日 /
自らの意志でセンターを譲った男。
お布団のセンターへは入りません。

ちゃんとお兄ちゃんしてます、ウピ。

新メンバーの紹介です。

/ 2011年11月11日金曜日 /
電話、メール、メッセージなどなど、マルチなメディアを伝って、お祝いが伝わって来ています。

がっ!しかし!
自宅出産などに挑戦してしまいました故、
朝から、カツオ節を削り、薪ストーブの温度を調整し、部屋の掃除をし、オシメを洗濯しetcetc......

全く新らしい世界をジェットコースター状態で走ってました。

3日間が過ぎ、先ほどからようやく携帯の着信やらメールやらFBのコメントやらに目を通しております。

「感謝」
の一言に尽きます。

みんなありがとうね。

まあボチボチ個々にも返信します!

それでは!
この大分の田舎の暮らしに、そしてわざわざウチを選んで自ら志願してきた、新メンバーの紹介です。
佐野由布彩ちゃん(0歳)です。

名前の由来は、お産が遅れて、自宅出産が出来なくなるリミット寸前に歩きに行った山で見た、「由布岳の紅葉の彩り」から降りて着ました。

由布岳のおかげで無事な出産が出来た訳でもあります。

この安心院での田舎暮らしも、人数が増えて、これからは4人(含むウピ)での前進となります。

友人、知人の皆さんに、この生活を暖かく全てを許してくれている大分の自然に、そしてこの星に、大いなるスピリットに、全てに感謝しています。

由布彩共々これからも宜しく!

2011年11月8日午後16時46分3872g。

/ 2011年11月9日水曜日 /
昨日午後、無事に自宅出産で生まれました。

3872gの元気な女の子です。
母子共に健康です。

まずはご報告まで。

ありがとう。

11月3日。

/ 2011年11月3日木曜日 /
今日11月3日は、「文化の日」。
そして、「レコードの日」。
そして、「良い(11)お産(03)の日」・・・・・・

らしい。

当初の予定日のコスミックアンダーワールド第七昼&マヤンカレンダー最終日(コールマン説)であった10月28日を過ぎ。

10月31日には、世界人口70億人目の認定書を国連から貰いそびれ。

そして今日!「良いお産の日」あたりに、良いお産を迎えるのか!!!!

と、なって貰うべく、最後の仕上げの運動を「人生最高のおさんぽ」にしよう!と、選んだのは聖地「由布岳登山」へ!
出産予定日を6日も過ぎた妊婦と山歩きです。
もちろん、周辺の散策のみですが、どこで、何があっても対処できるように、登山に助産師さんも同行。

何なら由布岳の中腹で生む勢いでしたが、無事に山歩きを済ませて、温泉までメイクして帰って来ました。

カミさんの準備も完璧。

俺も、薪も山ほど割った、部屋も断熱から間接照明からバッチリ仕上げた、選曲も済んだ、料理もボチボチ、散歩も毎日、マッサージも毎晩。

もうやることは100%全部やった。

あとは、自然の流れに任せるばかり。
Heaven Explorers. Powered by Blogger.

Popular Posts

フォロワー

ページビューの合計

 
Copyright © 2010 Heaven Explorers , All rights reserved