いよいよあと4日で「311」。

あと4日で「311」。

いよいよ震災から一年を迎えます。

私達夫婦にとっての「311」は、忘れもしないその前日の3月10日から始まります。

カミサンは朝からの高熱で、久々の病院へ。
診察を待つ間、病院のソファの上で、「国内に原発を作りまくって、もっと世界に輸出しましょう!」と言う内容の国会の原発推進のハリボテ論議をずっと見てた。
直後にそのソファで妊娠を聞かされ、その夜は、一晩だけ純粋に子供が出来た喜びの夜を夫婦で過ごした。

翌朝、震災。
数時間後、原発が爆発した。

「あの日」以降、直接は被災していない九州ですら大きく変わった。
こっちに向かう人達の受け入れや、現地に対して出来ること、そして自分の身を守るための情報収集と、躍起になった一年だった。

地元組、移民組、なんだかんだみんなそれぞれにとって、大変な一年だった筈。

そんな一年を振り返る311のギャザリング。
今までは、福岡の集まりとパレードに参加してましたが、大分でも311の集まりが開催されます。
http://oita311.blogspot.com/
大分県内の意識ある人達が一同に会します。

こんな形の大きなギャザリングは大分では初めての試みじゃないだろうか?
楽しみです。
コメントを投稿
Powered by Blogger.