いよいよ開幕やね。

/ 2011年4月29日金曜日 /
今日は、マザーティピ建てに参加してきました。
今年もいい天気だったらいいなあ。

にじのみさきまつり、会場入りしました。

/ 2011年4月27日水曜日 /
みんなでまた今年も、切ったり貼ったり・・・・
笑ったり踊ったりできる。

本日よりキャンプインです。
ではみなさん!現地で会いましょう!

今年は、スマホがあるので、随時UP可能です。

古民家ディナーショーin豊後高田。

/ 2011年4月26日火曜日 /
いきなりでしたが、いい集まりでした。
ご飯も美味しかった!
古民家でのアコースティックレゲエです。PJさんありがとうね。
空間を提供していただいた百種さん。
こちらもありがとう。建物もかっこよすぎです。

さて!いよいよ明日からは虹の岬現地入りです。

P.J古民家ライブ続報です。

/ 2011年4月25日月曜日 /
会場OKになりました。

明日19時より、場所は豊後高田の古民家カフェ「百種」。
投げ銭ライブ+持ち寄り夕食会です。

それと「にじのみさきまつり」に向け、国東のインフォメーションなどどうするか?
などGWに向けての打ち合わせも出来たらいいなあと思います。

では!明日夜は百種で会いましょう!

急遽決定!明日は「P.J」を囲んで古民家ディナーショーin豊後高田です。

/ /
さっき電話で、「明日PJと安心院の温泉に行くんやけど、ついでにどっかで歌えない?」

今電話掛けて来て明日かよ!
っつー話ですが、まあ「にじのみさきまつりプチ前夜祭」っつー事で急遽決定!

最高の歌を聴きながら、旨いモンでも食べてゆっくりしましょう!
古民家での田舎料理ディナーショー!
会場はウチは狭くて妊婦さんが居るので、今回は、友人のマリオ&サリのお店(開店準備中!)の「百種」です。
参加費はカンパ(投げ銭ライブ)&一品持ち寄り制です。
時間は19時位から?

場所&時間は只今調整中なので、この記事見て来る方はここにコメントするか団長に電話ください。

決定したらまた更新します。

bloggerちょい改造、スマホ・ツイッタ対応です。

/ 2011年4月22日金曜日 /
まあ厳密に言うと、ココはスマホテンプレを導入して昨日から携帯対応です。

むしろ携帯(IS04)の改造やらセッティングがやっと追いついて来たんで、携帯からブログやHPのコントロールができるようになりました。
bloggerもwordpressもついにスマホ対応。
ツイッタに関しては、携帯OS純正。
その他にも気が付けば、ミクやらオクやらまで、何やらかんやらほぼ携帯からイケルようになってきました。

さらに。
この携帯電話経由でノートPCをテザリングしちゃえば、デザイン・コーディング含めて、本当にパソコン仕事の全てが、どんな山の中でも出来ます。

逆に言うと、せっかくの田舎暮らしやけど、もうネットからの切断も無理。
都会では当たり前だった世界が、ついに安心院まで。
ある意味便利。
ある意味オソロシや。

そのネットより、昨晩また恐ろしい情報が漏れてきました。
-----------------------------------------------------
ジャーナリストの岩上さんのツイートより
http://twitter.com/#!/iwakamiyasumi

勉強会に出席していた鳩山前首相が、原子力安全委員会の小原規制課長に放射能が実際にどれだけ放出されているか質問。それに対して、小原課長、「一日あたり、100兆べクレル」 と、ぽろり。そんなに多いとは、誰も聞いてないぞと、一時騒然。

これまでの発表では、一時間あたり1テラベクレル、即ち1兆べクレル。一日では24兆べクレル。実際には、その数倍の放出量だというのだ。この勉強会のあ とに、小原課長が伝えた正確な数値は、ヨウ素131が、一時間あたり6990億べクレル。一日あたりでは16兆7760億べクレル。

その時の会見の様子
http://www.ustream.tv/recorded/14168194
-----------------------------------------------------
もはや数値が大きすぎて麻痺しそうになる。
とにかくまた、いつもの虚偽のメッキが剥がれそうです。

さらにこんな話も。
-----------------------------------------------------
風力発電で原発40基分の発電可能 環境省試算
http://www.asahi.com/national/update/0421/TKY201104210510.html

環境省は21日、国内で自然エネルギーを導入した場合にどの程度の発電量が見込めるか、試算した結果を発表した。風力発電を普及できる余地が最も大きく、低い稼働率を考慮しても、最大で原発40基分の発電量が見込める結果となった。風の強い東北地方では、原発3~11基分が風力でまかなえる計算だ。

 試算によると、固定価格買い取り制度など震災前に政府が決めていた普及策だけでも、風力なら日本全体で約2400万~1億4千万キロワット分を導入できる。風が吹いているときだけ発電するため、稼働率を24%と仮定。それでも出力100万キロワットで稼働率85%と仮定した場合の原発約7~40基分に相当する。
-----------------------------------------------------

じゃあ今まで、安全だからと作って来て、やっぱり爆発して放射能垂れ流して日本人全員を被ばくさせてるこの「原発」ってマジで一体なんだったの。

ナイスキャッチ!

/ 2011年4月20日水曜日 /
関東からの移住希望組の家族がようやく素敵な古民家に巡り会いました。
ようこそ大分へ!着陸オメデトさんです!

難産でしたが、良いのが出ましたねえ。
ナカナカ出ない宇佐の空家で久々の上物の発掘に成功です。
なんと築150年のリアル古民家。
二階建ての土蔵&納屋付き。
こちらにはインド音楽の研究家さんが決まったんで、ミュージシャン向けのグリーンツーリズムとかインド音楽合宿とか面白いかもね。

完成したら安心院の新しくてユニークな情報発信の目玉になるのでは?

おまけ。
家探しの中で出てきました。古民家の空家ってよりは、ほぼ完成されたお店です。
どなたか山の中で料理出したい方如何ですか?

「虹の岬まつりお知らせツアー」ファイナル!&会場設営開始。

/ 2011年4月18日月曜日 /
さて!ここまでの数週間。
地震&放射能関連で非難してきた10家族近くの受け入れ体制作りで奮闘してましたが、それぞれ旅立ったり、家が確保出来たりで、一旦の一段落です。

しかし!ココからはさらにスケールの大きな難民キャンプ「虹の岬まつり2011」の準備が始まりますねえ。

昨晩の蒲江に続いて、今日は別府は朝見神社でツアーファイナル&おまつり成功祈願祭です。
参加者&スタッフ一同、成功祈願とお清めを受けました。

早速、その大分にやってきた被災ミュージシャン?達との合流と言うこの大分にとっての新しい流れも生まれつつ、翌朝からは一気に会場作りに突入します。
地元龍神プロジェクトの方々と一気に草刈を済ませました。

今回の会場はほとんど砂地です。
寝るには最高かも。

でも砂ではペグが効かないので風には注意です。
毎年、虹の岬では空を飛ぶテントを見かけます。

さらには、既に九州入りしている人にも会いました。
「家財道具ごと九州目指します」みたいな声も多く聞かれます。

色んな意味で、今回の虹の岬まつりでは、「みんなにとっての良い出逢い」が生まれると良いなと思います。

パラゴン始動!

/ 2011年4月16日土曜日 /
佐伯市は蒲江パラゴンの夏が始まりましたね。
今回は、釣り道具、DJセット、風呂道具をコンパクトにまとめて・・・・
やっぱ蒲江はいいね。
大人の遊園地だわ。
選曲はゴジラ~ブルーハーツやら斉藤和義やらキヨシローやら。
滞在24時間。寝ずに釣りとDJしかしませんでした。

金曜日はParagon「波」。

/ 2011年4月12日火曜日 /
レベル7確定。ついにチェルノブイリと同レベル。
最臨界してないと出てこない物質が微量に測定される。
放射能汚染野菜は、イオングループ(民主系)で熱烈販売中。
などなど、10日(選挙)以降どんどん出てくる隠し玉。

この後に及んでまだ「選挙」を踏まえてあの手この手で情報操作をしたりする訳で。

今朝の情報番組では御用学者コメンテータが、「そろそろ事故前と変わらないレベルに状況は落ち着いてきました。」って。

日々ウソの状況を流し続けてた戦時中のラジオ放送となーも変わりゃせん。
もうテレビは完全にオワタ。

被災現地はもちろんのこと、この一ヶ月は九州の中の俺達にとっても、支援方法やら受け入れ態勢作りやら、激動の一ヶ月だった。
この金曜日は、そんな一ヶ月を経た仲間たちと会える。
大分県佐伯市蒲江、ビーチハウス「paragon」にて。

集まろう、繋がろう、対話しよう、そして考えよう。
どうすればもっと良くなれるのか。

福岡のママさんと斉藤和義。

/ 2011年4月8日金曜日 /

昨日からこのムービーはどこの圧力からか削除&うpのイタチごっこ中らしい。
アングラのヒップホップ・ロック・ヒッピーシーンではこの事故以前から反原発の歌は沢山あったが、このタイミングで「メジャーの人」が声を上げるのは大変評価したいです。

「斉藤和義」。いい奴かもしれません。

それと福岡では「ママさん」達がデモを開始しています。
原発止めよう福岡デモ>>http://stopgenpatsu.blog60.fc2.com/blog-entry-5.html#cm

斉藤和義ムービーも、福岡ママさんも、どっちのサイトも反対派推進派入り乱れてのプロパガンダ合戦中。

経団連会長「東電は被災者。東電の賠償は国が負担し、皆で東電を支えるべき」 >>http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110408k0000m020123000c.html

事故後ですが・・・・>>http://jp.wsj.com/index.php/Japan/Companies/node_43232
日本中に放射能ぶっかけた東電が日本中に賠償金払うのかと思ったら、なんでだか賠償より先に社員の給与がUP。
逆に全国民の税金を東電に払うのか???

なんだこれ。

新生活。

/ 2011年4月7日木曜日 /
この地震以降、かなりの数の友人・知人・これを機に知り合った方々まで、合計10組近くが大分の我が家を訪れました。
どこの御家庭も妊婦さんや小さな子供連れの家族ばかりです。

今日現在も、東京から200キロの所で、原発が爆発してて、海は高濃度汚染中。
水道水も関東から東北にかけての農産物も・・・・・
もう線引きをどこでするのか?これからどうやって生きて行くのか、いろんな方々と毎晩話しました。
田舎の暮らしのビジョンはあっても、この田舎ではいきなりは出来ること出来ないことがあったり、それぞれの家庭の向き不向きがあったり、都会とは違って空家があってもスグに住める訳ではなかったりで、一概に決まった方法論はありませんが、どの家族にとっても、とにかく家族の健康と生活を守る為に少しずつでも進んで行くしかないと言う事です。

その中でも、4番目にウチに来た家族は、この安心院で家が決まりました。
宇佐神宮にお参り行って、お願いしてみたら・・・・
良い感じのお家が出てきました。
しかし!やっぱ田舎の家。
切ったり張ったりしないと住めませんが。
小さい子供が居るので、安全性確保の為!?と、引越しのお祝いがてらに、得意の根太と床の張替え真っ最中です。

引越しを開始してたら、今が4月だと気が付く、そうです「新学期」でした。
家が決まって3日後にはもう保育園の入園式。

彼らの生活は、目まぐるしく日々変化して行きます。
彼らの生活だけでははくウチだってそうです。

どの家族も避難してきたからと言ってゆっくりする暇なんか「全く」ありません。

あの日を境に・・・・・

緊急講演会「今、福島原発でなにが起きているのか」

/ 2011年4月5日火曜日 /
緊急講演会
「今、福島原発でなにが起きているのか」

 ~私たちの暮らしはどうなるのか~


講師:藤田祐幸さん 

○日時:2011年 4月9日(土)13時30分~16時30分
○場所:大分県由布市湯布院町 湯布院公民館 視聴覚室
(由布院小学校の隣。JR由布院駅から徒歩3分)
○参加費:500円(+任意カンパ)

主催:ムラづくりNPO風の原っぱ
共催:NPO法人 九州・自然エネルギー推進ネットワーク
   脱原発大分ネットワーク

お問い合わせ:090-7580-8031(浦田) 090-1348-0373(小坂)

「原発安全派」の御用学者の意見はいつでもテレビで聞けるから、この機会にあまりメディアに出れない反対派の学者の意見が聞けそうです。


桜咲く季節

/ 2011年4月4日月曜日 /
大分周辺はそろそろ桜の季節。

ですが

ドイツ気象庁(DWD)による粒子拡散シミュレーション




拡散する放射能自体の数値シュミレーションではなく、気象学的な試算だそうで。
まああくまでも可能性の問題やろうけど、もう日本中どこにいても同じやね。

小魚から放射性物質…影響ない程度・規制値なし
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110404-00000943-yom-soci

国 放射性物質の予測公表せず
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110404/k10015080851000.html

放射性物質予測、公表自粛を 気象学会要請に戸惑う会員
http://www.asahi.com/digital/internet/TKY201104020166.html

東電、午後7時3分に低レベルの放射線汚染水を海に放出開始 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110404-00000577-san-soci

今年の花見は命がけになりそうです。

相変わらず人命、環境よりも、経済的な打撃を守るこの国の言ってることが一番信用ならないし、東電も何の権限で、放射能汚染された蒸気を空気中に放出し続け、汚染水を公海に垂れ流すのか。

一部のおっさん達の利益と勘違いの為に、国中が悲惨な状況になって、世界中に恥晒しまくり。

これが「安心・安全・原子力で明るい未来を」のその未来ねえ。

「絶対に」が無かった以上、やっぱ今動いてる原発も止めないとまた同じ「想定外」になるんでは?

和。

/ 2011年4月1日金曜日 /
只今ウチの庭は、「土筆」満開です。
全然食べ切れません。
方々に送りたいんだけど、コレ胞子の塊だから採るとスグ食べないと無理。
旬の野草は、摘み立てで食べるのがやっぱり一番ですねえ。

東北の被災地にも、各NPO団体や、国内の各地方自治体の代表が現地に入って、活動が始まっているみたいですね。

九州でも、被災者受け入れの表明が相次ぎましたが、実際問題、家族と離反したり、家が無くなったりしているからこそ現地から動けないのが実情で、やはり距離が遠い九州への疎開はナカナカ難しいモノがあるようです。

東北で被災した方ではなく関東周辺から妊婦さんや子供を守る為に早めに動いた「準被災」の方々。
先日の植樹にもかなりの数のグループが来てましたが皆どうなったんだろうね。

この九州の郡部は、どちらかと言えば過疎で、空家、空き農地も多く見かけます。
じゃあ何でも住めるのか?と言えば全然そうでも無い訳だけど、この地震に際して、早めに動いた感度の高い若者なんて、スグに家なんて修理できたり、農業が始めれたり出来る可能性は高いと思います。

上手く行けば、本当にいい結果を生む「点と線」がソコにあるような気もしています。

そんな地震後の移住者の方で、宇佐市に移住が決定した方が居ます。
新品の衣類などは東北に回して頂くとして、家具類、電化製品など不要なモノがある大分・福岡の方、私まで連絡ヨロシクです。

あと、オートマの軽自動車の格安情報なんかも素敵です。
Heaven Explorers. Powered by Blogger.

Popular Posts

フォロワー

ページビューの合計

 
Copyright © 2010 Heaven Explorers , All rights reserved