ビーチアニマル、大分へ。

/ 2011年7月31日日曜日 /
噂の「テオ・ヤンセン展」へ。
ただ、風で押されて動くオブジェか?位に簡単に考えて行くも・・・・・・

上半分の羽で、パイプ内とペットボトルに空気を圧縮し、空気圧で下部のクランクを動かし歩くと言う本当に一回「風を食べる」、「風力エンジン駆動」だった。
しかも、さらに驚くのは、障害物があっても、水に入ってもUターンする機能がついてるから、ビーチに放しておけば、ずっと動き続けると言う。
まさにアニマル。

それを塩ビパイプとタイラップだけで作ってある。
簡単に作ってそうで、これだけ複雑なパラレルリンク構造だから設計は相当に複雑な筈。

こちらも噂の大分の団塚氏率いる「アースケイプ」のインスタレーションも見事にハマッテました。

複雑で、だけど単純で、知的で、且つユニークで、そして自然エネルギーで。
まさに現代アートの鏡的存在。

「テオ・ヤンセン」。アイデアの天才でした。

上関原発田ノ浦監視小屋の撤去。つまり・・・・・

/ 2011年7月30日土曜日 /
上関現地組より送られてきたメールを転送です。

上関原発田ノ浦埋立監視行動57号現地情報(最終号)(2011年7月24日(日)  

上関原発建設埋立工事が3・11福島原発事故以来中断しています。地質調査を1月からやっていて、中断はしませんでしたが、6月27日を最後に終了しました。この間、たくさんの団体から「上関原発中止」の申し出がありましたが、中国電力は、止めるとは言わず、依然として「電力の安定供給、経済性、温暖化防止」を盾に、すきあらば、推進する姿勢はくずしていません。 3・11以後は、山口県の市町村では上関原発の建設に待ったをかけるようになりました。

5月27日、「上関原発中止」の周南市議会の最初決議を皮切りに、「凍結を求める」議会決議が、下松市、柳井市、宇部市、山口市、岩国市、防府市、光市、山陽小野田市、周防大島町、田布施町、平生町で行われ、7月8日には山口県議会でも意見書が採択されました。一方、山口県知事は6月議会の答弁で、「国のエネルギー政策が見直されることになり、したがって原発による土地利用も不透明になってきたので、このような状態が続く限り、埋立て延長の申請があっても、認めるわけにはいかない」と表明しました。 
現状では埋立免許の切れる来年の10月22日までは、工事は再開されない状況なので、上関原発の工事はあり得ないことになってきます。 
そんなこともあり、これ以上田ノ浦での抗議行動をする必要もなく、中電にも工事用の施設(仮桟橋、オイルヘンス、ブイなど)の撤去をしてもらうために、田ノ浦にあるテント等を取り除くことになりました。 

7月23日(土)の朝早くから、祝島島民の方約30名、カヤック隊を中心に、その他支援者(広島からは3名)の60名以上が浜に集まり、海岸を元に復帰しました。島民の方は10時には帰られ、残った者たちで最後の片付けをして、グループごとに集まり話が弾み、夏の暑い日差しの中で、この間の長い厳しい闘いを思い起こしました。祝島の漁船の抗議行動がなかったら、浜での抗議を止めていったら、今は、海は埋め立てられ無残なすがたになっていたと思うと、本当によかったというのがみんなの思いでした。静かな海に漁船がでて釣りをしていたり、さわやかな風が浜を吹き渡っていきました。 

集いの家の住人で、浜での抗議行動を担ってきたKさんは、持ち前の技術でテント小屋を建てたり、抗議行動がしやすいように、町道の坂道に手すりを付けたり。若者達の相談役でもあり指揮者でもありました。作業員が撤去に来るたびに大きな声で抗議をして先頭にいました。壊されれば「倍にして返す」と、最後は、テント小屋を3つも浜に建ててしまいました。
「国からの新規立地の白紙表明で、周辺自治体から白紙撤回、凍結をいわれ、ここで浜をきれいにして、中電さんには桟橋の撤去をしてもらいたいという考えで、私どもも引き上げた。国の対応を見ながら。白紙撤回にこだわっていく、他の原発も撤回してもらいたい」との話でした。 
早い上関原発の完全中止と全ての原発の運転停止廃炉にむけて、次なる行動を起こしたいと思います。今回をもって上関原発田ノ浦埋立監視行動現地情報は終わりにします。ありがとうございました。

転送ここまで。

今週、上関原発田ノ浦監視小屋が撤去されました。つまり・・・・・

上関に関しては、現状は「建設工事の続行不可能」な状況を迎えました。
今の所は工事は完全に停止した模様です。


本来なら、嬉しい知らせな筈やけど、福島での事故を経てのこの決定。
福島周辺の方々の心労を考えると両手離しでは喜べない。

原発推進計画自体が完全に中止と決まった訳でもないですから。

次のゴール、我らが住む九州玄海原発再稼動の問題へ向け上関からパスが回ってきた!

こちらは、「阻止活動」ってよりは、ネット・メディア内の「情報戦」の様相を呈していますが。

ともかく!祝島の方々、カヤック隊、現地支援者の方々、ここまで本当にありがとう。

若い。

/ 2011年7月29日金曜日 /

数枚のアルバムしか持ってませんが、とても美しい音楽を作る方でした。
若すぎでしょ、40歳。ほぼ同じ年。

今年に入って、同年代の突然死が本当に多いです。

自分にも何があっても悔いが残らぬよう、日々健康に、意義のある生活を送らねばと思います。

ご冥福をお祈りします。

モンゴル、日米の核廃棄物引き取りに拒否の姿勢表明

/ /
YTから削除されてた分、再掲します。



たぶん数日で消えるやろうけどね。資源エネ省が只今熱烈ネット監視中だから。

これだけでもヒデエ話だが、
これはさらに酷い。こんな話が進んでるなんて、全く知りませんでした。

モンゴル、日米の核廃棄物引き取りに拒否の姿勢表明

【新華社特電】 日本の松本剛明外務大臣は27日の衆議院外務委員会で、日本がモンゴルに使用済み燃料と核廃棄物の保存施設を建設して海外の使用済み燃料と核廃棄物を搬入するという構想について、モンゴル政府が実現不可能だと日本政府に伝えてきたと表明した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110728-00000009-xinhua-int

モンゴル!!!!!
凄い金額積まれたんやろうけど、素晴らしい判断。

それに比べて・・・・・・

「金なら出すから、核のゴミ捨て場になれ」と

なんだこの発想。
来る所まで来てるんだね。情けないです。

上の動画、このモンゴルの事実を知ってさらに明確になったね。
やっぱ原発運用無理じゃねえか。

夏い。

/ 2011年7月28日木曜日 /
夏い。夏すぎる。
クーラーの無い我が家では、のんびりするか、泳ぎに行くかしないと、さすがに真昼間は暑い。
なので、
昼飯は、大分の古着屋さん一同と、「例の渓谷」に避暑して来ました。
毎日、お昼はココで済ませたい位です。
涼しいし、蚊もおらんし、天然のマイナスイオンクーラーです。
電波が入るなら、なんならPCと仕事も持って・・・・・・

新聞に取り上げられました。

/ /
国東半島周辺の仲間と行っている「ONE EARTH―国東源帰プロジェクト」の活動が新聞に取り上げられました。

大分合同新聞>>http://www.oita-press.co.jp/localNews/2011_131147105053.html?utm_source=feedburner

国東源帰プロジェクトHP>>http://kunisakigenki.blogspot.com/

少しずつだけど、プロジェクトとして、人の輪として、育ってますね。

とまと三昧。

/ 2011年7月26日火曜日 /
今朝、トマトが届きました!
早速、サラダで、パスタで、ソースにと、暫く「とまと三昧」です。

時間を外した日。

/ 2011年7月25日月曜日 /
今日はグレオリオ暦の7月25日。
マヤンカレンダーで言う所の「時間を外した日」。

詳しい説明はその筋の方々のHPに譲りますが、とにかく、心からの感動や喜び、感謝を感じて、表現する日なのです。

そんな我が家の「時間を外した」一日は、
近所で行われていた、我が心の師、マスター新江先生がワンコイン試食会をやってて。
当然全メニューオーダーです。

師には、いつも本当に勉強させられます。
味も、技も、姿勢も。

夜は、「国東源帰プロジェクト」のミーティングへ。
ここも、参加者の持ち寄り料理のレベルが高い!(食べるのに夢中でno photo!!!)
ミーティング中もその後の食事会のメニューが気になります。

その後!女子中学生MAYAちゃんの発案で、深夜のお寺の境内にて!「だるまさんがころんだ!」
30年ぶり位にやってみると、意外と「コンテンポラリーダンス」的。
前回のMTの時の「ワールドカフェ」と同じく、幅広い層で集まりや会議をする際は、事前に「だるまさんがころんだ」やると良いかも。

ほぐれます。

いつかは、自然エネルギーの会議か何か主催して、周辺の市長さん他みんなで「だるまさんがころんだ」からの会議スタート!とか面白いかも。

と言う、やはりいつもと少し違う?夜でした。

総括原価方式。

/ 2011年7月24日日曜日 /
先月、ここでも拾ってたけど、
http://heavenexplorers.blogspot.com/2011/07/23.html

今日また出たね。

玄海原発1号機に欠陥の可能性 鋼材不均質?井野氏ら指摘

運転開始から35年以上たった九州電力玄海原発1号機(佐賀県玄海町)について、原子炉圧力容器に用いた鋼材の質にばらつきがあり、製造ミスの可能性があることが、井野博満東大名誉教授(金属材料学)らの分析で23日、分かった。

http://www.kobe-np.co.jp/knews/0004299743.shtml

昨日23日にも

玄海原発3号機 早期再開絶望的 九電 耐震数値誤り
 
九電の発表によると、誤入力は3カ所。九電がグループ会社を介して委託した建設会社が、データの計算と入力を誤り、九電も誤入力に気付かなかった。原子炉建屋内にあり、非常時に原子炉を冷やす水が入った復水タンクの屋根の重量データを約260トンと、実際の10分の1の重さで入力するなどしていたという。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/254803

手抜き、耐震偽装、やらせ問題、もうなんでもありだね。

しかし、こんな問題が小さく見える、この根本的殿様体質を作っているのが、この電力会社を原子力推進体質にしてしまった
国の方針「総括原価方式」。スゴイです。

もはや陰謀!
無駄だったり、効率が悪いほど利益になる。その上、独占企業。

で、その九州の殿様、九州電力は、このタイミングで、原発安全管理関連の設計ミスとか、欠陥の公表を連発。
最近、意図的なんでは?と感じています。

推進イケイケの国に対して、もしや九電が白旗なんでは????とも見て取れる。

例えば、昨年12月の放射能漏れ隠蔽。
まだ震災以前は、隠し通そうとしてたっぽいが、今はだだ漏れやね。

震災以前の隠蔽について、九州の「sengoku38」が一人出れば、原発とまるね。


あんなに犠牲者が出て、被爆者が出て、国内が汚染されて、もう今まで通りの訳がねえ。

「大きく」「変わる」、正真正銘の「大変」な時。
こんな世の中に出てくる、新しい命に申し訳ない。

何もなけりゃ良いが。

/ 2011年7月23日土曜日 /
昨晩のニュース、まずはギリシャのデフォルト(債務不履行)決定。
ネタ元>>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110722-00000916-yom-bus_all

で、
世界経済的には、アメリカがあと2週間以内に、「どーにか」せんとアボーンするらしい。
ネタ元>>http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-21985720110630

Xデーは、8月の2日~9日。

今回は、一応「表」の話だから、状況がバレバレで、いきなり無茶はせんとは思うが・・・・・・・
(映画ターミネーターに隠されてた警告)
(1989年パブリックエネミーのアルバム)
(20ドル札の秘密)

でもねえ、バレバレでもやる人達だからねえ。

日本国内の事でも頭痛いのに、これ以上何もなけりゃ良いが。

ピースなパン。

/ 2011年7月22日金曜日 /
最近は毎日食べてます。
ピースなオーブンで焼いたパン。

パンは、発酵食品だけど、毎日アタックできるのが良いね。
少しずつ変化させて、日々どんどん美味しくなってきます。

それに比べて、味噌やらワインなんて、年に1トライ。
10年やってもたったの10トライ。
農業も同じやね。

なんだか、この原発汚染やら、今後のTPPの問題やら、「食の安全」と言う言葉すら無くなりそうな勢い。
手間はかかっても出来うる限り、家の畑とか、自転車か原チャリで行ける近所で、食べ物が採れたり、育てれたら良いなあ。

来年は「田んぼ」。やってみたい。

「ONE EARTH 国東源帰プロジェクト」パンフ&ウェブサイトできました。

/ 2011年7月21日木曜日 /
現在住んでいる大分県北部の国東半島周辺の仲間達と動き始めた2011年、夏のプロジェクト。

「ONE EARTH 国東源帰プロジェクト」パンフ&ウェブサイトできました。

ウェブサイト>>http://kunisakigenki.blogspot.com/

このプロジェクトは、国東半島周辺の地域起こしや、古くからある大切なことを継承・再発見し、これからの生活スタイルの提案するイベントを行ったりと、7月から9月の3ヶ月間に渡って国東周辺で繰り広げます。

言うなれば、「体験型田舎生活テーマパーク」でしょうか?


---------------------------------------------------------------------
今回のプロジェクトでは、本来の人間性や自然を尊重し、これからの生き方を摸索していくため、 様々な方法で持続可能な世界へと移行していくきっかけを探求します。 皆が喜びと感謝の中で生きられる社会こそ、真の豊かさであり命そのものの望みだと思います。

私たちは期間中数々の催しを通じて未来へのビジョンを共有し合いたいと考えています。これまでの都市型思考から、自然と共鳴した暮らしに学び、地球はひとつであるという意識のもと、より人間らしい生活を再考していきます。
---------------------------------------------------------------------

以上、パンフ声明文からの抜粋です。

特にこの数ヶ月の、この混沌とした日本。
自分の家族の安全は自分で守るしかないと言う事が如実に露呈し、
食の安全性の確保、衣食住の意味合いの再確認や、大量消費社会への警鐘などの様々な観点において、
今までは、漠然とあった「田舎暮らし」や「スローライフ」と言う言葉が、
そして、それを実践して来た経験とノウハウが、燦然と輝きを増しているように思います。


つきましては。
このプロジェクトのパンフレットも完成しています。

このパンフレットを置いてくださるお店、または趣旨に賛同頂いて協賛いただけるお店、
何らかの形かでの参加希望の方、などなど募集しております。

期間は9月いっぱいまであります。
どんな形であれ、興味が沸いた方、パンフをお渡しするか、場合によっては郵送します。

ご一報ください。


ニューカマー。

/ 2011年7月20日水曜日 /
もう明後日は、「イビザ祭り 2011」やね。

ダダやらEXPE君やらspookyやら。

おととし、いつも祭りに来てくれるラキタが、突然「ズットズレテルズ」になって、いきなり浜ちゃんの息子とかと同じバンドでメジャーデビューして、俺たちのド肝を抜いたが、今週末はそのラキタがイビザに来ます。



久々だなあ。ラキタもEXPE君も。

おまけ。
「ズットズレテルズ」以降、最近見た10代バンド?で凄いのがあったからアゲときます。

制服向上委員会

こう見えて楽曲提供は「頭脳警察のパンタさん」です。
アイドル?風パンクバンドと言うか、かなり小規模なデモと言うか。確信犯です。
是非ともここに学生服着せたアントニオ猪木さんも引き込んで、「1.2.3.ダぁぁぁ~つ原発!」にして頂きたい。

女王蜂


→メジャーデビュー曲  http://youtu.be/RHZOmNCBKJY

これも凄い。神戸の高校生らしいが、年齢、性別、国籍、もはや何なのかすら解らない。
本家ヘドウィグにも見劣りせず、狂気っぷりは見事にあのマリリンマンソン級かそれ以上か。
コイツ10代?にしてすでに「富士夫さん」の匂いがしてる様な気がするのは俺だけか?

制服のはQEST BMX向け、女王蜂は北九州の方々向けです。


さて!ではでは皆さん週末は浮羽にて、パエリア&シェリー酒で乾杯ですなあ。

直ちに影響はない。

/ 2011年7月19日火曜日 /
数日ぶりに安心院に帰って来て見れば、ついにウチの近所でも汚染肉熱烈販売中!
だけどやっぱり「直ちに影響はない。」
管理者である筈のエライ人達は、原発の維持にも、汚染食品の封じ込め策にも見事に失敗して、
挙句に「食べても大丈夫です」。

信じられない。

行政もビッグコーポレーションもセットでやばいです。

「直ちに」は影響はない?。
じゃあ「直ちに」ではなくて、長い目でみるとどんな影響があるんだか。

「原子力は安全です」って言ってたその原発がやっぱり安全じゃ無かったんですが。
この汚染食品や、汚泥を全国に拡散して、またいつか「何か」あった時。
「想定外です」で済ますんだろうか。

言い換えるとまだまだ引き続き「目先の利益優先で、後の事は考えていない」。

ズバリ、今までの原子力発電政策そのものじゃねえか。

この今の現状なんて、今までそうしてきたことの「しっぺ返し」が始まった事以外の何者でもない。

そしてまた被害を受けるのは、せっせと国体を維持するために
働いて、税金を納めてた一般の人達。



とにかく変わらないと。
今までと同じじゃダメだと思う。

福岡ウェイクパーク、オープニング3days。

/ 2011年7月18日月曜日 /
昨晩は阿蘇でキャンピングカーに居ましたが・・・・・・

翌朝からはイベント仕事で福岡へ。
いつものお方に拾われ。
ピンクのマシンでGO。
この福岡タワー前に今日よりオープンする「ウェイクパーク福岡」のオープニングイベントの仕事です。

同じエクストリーム繋がりという事で、やっぱり・・・・・・
いつものむさ苦しいメンバーで・・・・・・

QEST BMX ショーケース!
ウェイクパークオープンの盛り上げに貢献(たぶん)。

こちらがそのウェイクパーク。
これ、コケずにずっと乗れる所まで来たら、超面白そうやね。
エンドレスサーフィンです。
何せ引っ張られているから、飛べばエアーの滞空時間も長いです。

そんなオープン初日を終え、
最終日に備えてみんな寝るのかと思いきや、さすがは大都会・福岡。
夜はパークのオーナーさんから、ホームパーティに招待して頂きました。

そして、ソコでは想像を遥かに超える夜が待ってました。
まずガレージに、イターリアのあの車やら、キャデの長ーいのとか、凄いのが何台もあった。

もはや、JAY-ZとかジャミロクアイのPVの世界。

ソレだけでも鬼スゴやけど・・・・・
挙句に「エンツォ」。実物初めて見た。

ワタクシ、元スーパーカー少年で、元レーサーです。
思わぬエンツォの登場に、ハアハア言ってると、なんとオーナーさんがガレージ内部に招いてくれました。
勢いでそのまま運転席にもインしてみた。
V12・660ps・2PDパドルシフト。メーターは400kmまでありました。
ほとんど「F1にオサレなボディが載ってる」だけです。

何も無くてもアホなQEST BMX一同。
そのスーパーな勢いに飲まれまくりで、
ここで会ったか、北九州の真央が大好きだったマイケル。
太郎との一騎打ちでは、やはりプロ。場数の違いを見せ付けてマイケル。
タコメーター振り切りレッドゾーンの楽し過ぎの時間でした。
オーナー様に感謝です。
俺たちみたいなゲットーの最貧民BMXライダー達を招待頂きありがとうございマイケル。

さて最終日。
天神は赤坂にて最終仕上げ。
パーティー本番です。
HAKATA NOBOSEより「TARO SOUL&DJ威蔵」が。
レペゼン福岡NRSが。

そして、東京より緊急招集のマイメン「HIFANAクルー」がばっちり盛り上げてくれました。
こちらもありがとうさん!

今年の夏の福岡は色んな意味で盛り上がりそうな予感です。
つーかもう盛り上がっている?

とにかくこの3日間の、大分~阿蘇~ももち~天神。
一人で、そして仲間と、色んな世界を見て廻る。

普段は田舎で田んぼの中に住んでます故、このギャップ感はジェットコースター超えやね。

たとえば、「軽トラ」と「エンツォ」程の差です。

阿蘇へ。

/ 2011年7月17日日曜日 /
夜風と晩飯に誘われて、一人阿蘇へ。

久々にキャンパーの先輩方とご一緒させて頂きました。
シボレーのC4500。ハマーH2が軽自動車に見えます。
C1500でも馬鹿デカイのにこの4500なんて10トンダンプ級。
国内に現在この2台のみだそうで。
先輩方、かなり豪快な遊び方です。
外食で食べるものが無さ過ぎて、作られた空間がツマラナさ過ぎて、ココまで来るんだそうです。
キャンパーはやはり「美食家」の最終形態ですね。

ウチも、いずれは小さめのトレーラーあたりから???


いつもは、寄り道&遊びながら阿蘇を目指すけど、
一気に行くとウチから長者原まで、1時間かからない。

全国のライダー憧れの「やまなみハイウェイ」も、近所に住めばただの「近所の峠」。

北九州に住んでた頃に「平尾台」が居たポジションです。

耶馬溪満月祭

/ 2011年7月16日土曜日 /
朝起きたら、後輩が手にタイヤを携えてやって来ました。
やっぱ言って見るもんですねえ。朝飯前にさっさと取り付け。

これで走行25万キロながら、タイベルOK、サス周りブッシュ新品、タイヤ中古5分山装着。
しばらくは安心です。

そうこうしてると、今晩は満月。
なんとお隣町「耶馬溪」で、おまつりやってるらしい。

早速、お月見&夕涼みに行って見る。




シタールけいすけ、MAYA、ファイヤーRYOなど、出演者が全員知り合いでした。
料理も凄く美味しくて、また近くでも良い場所ができたね。
聞いた所によると、3月の震災で避難してきた家族が、この町の行政グループと一緒になって作ったお店らしいです。

避難民受け入れの良いモデルケースなんではないでしょうか。

実際のオープンは来週からだとか、おめでとうございます。

バルンバルンの森 耶馬溪
http://barunbarun.com/
Heaven Explorers. Powered by Blogger.

Popular Posts

フォロワー

ページビューの合計

 
Copyright © 2010 Heaven Explorers , All rights reserved