宇佐神宮「遷座の儀」へ。

/ 2015年5月29日金曜日 /
全国八幡神社の総本宮・宇佐神宮で27日、改修のため下宮に移していたご神体を上宮の­本殿に戻す「本殿遷座祭」が始まった。
昭和の大造営が終了した1941年以来、74年­ぶりの開催。同日夜に、ご神体を3基のみこしに乗せて移す「遷座の儀」が執り行われた­。





頭と体に、大麻紐をぶっとく結んだ神職を先頭に、暗闇で密かに行われるリアル儀式。
松明の明かりのだけで、暗闇に大勢立っている神職と巫女さんの間をかなりゆっくりと進む神輿。
太鼓もあるんだけど、BPM20くらいのスローモーション。

そもそも話し、なんで暗闇やねん、何で一般公開禁止やねん。
やっぱ宇佐神宮は秘密結社だわ。

その神輿を担いでいる俺はショッカー隊員か?

前回は74年前、次はいつあるか判らない暗闇の御神体遷座の儀。
参加できて大変光栄です。

良いフェスでした、「またま夕日コンサート」。

/ 2015年5月25日月曜日 /
行って来ました。
初日地元11バンド!翌日はプロバンド7バンド(超プロのベテラン含む)!
ナカナカ草臥れました。

山ほどの機材を積み込み、ボンゴが無いので軽トラで!
(この度、軽トラが51前期から52へと進化しました!)






今回PA参加したこのイベント。
民間と行政が行うイベントとしてはMIX具合がオモシロイ。
大抵、行政のイベントだと、まあ予想通りの展開になるんだけど、このイベントはその垣根があまりなく、運営サイドに「おまつりピープル」(北九州の生命力組も含む)も多数参加。
お祭り要素や移住者組み要素も十分あるし、地域の商店街のポップスバンドもあれば、当日のメインバンド「ディアフレンズ」(exかぐやひめ)を目当てにシニアも沢山来る!もちろんスチールパンバンドはかなりの楽園だし、ごちゃまぜで斬新なアプローチがオモシロイ。
さらに会場の目の前にはチームラボのアトリエもあるし。

ソレを良しとなっている豊後高田の懐も深い!進んでますね。
また一つの地域おこしフェスのあり方を見せて頂きました。

ろくろーの兄貴の夕日バックのサンシャインオンザレインボー!
良かったす!

またま夕日コンサート!

/ 2015年5月21日木曜日 /
今週末です!
昼間はSUPもできますよ。

土曜日夜は前夜祭BBQもあり!


カヤックも持っていって、ナイトシーバス狙う???

二日間PA参加です。

入場無料!

グリーン グリーン 。

/ 2015年5月18日月曜日 /
ある日パパとふたりで 語り合ったさ
この世に生きる喜び
そして 悲しみのことを
グリーン グリーン
青空には 小鳥が歌い
グリーン グリーン
丘の上には ララ 緑がもえる~♪

 





やがて
月日が過ぎゆき ぼくは知るだろう
パパの言ってた
ラララ 言葉の意味を
グリーン グリーン
青空には 太陽がわらい
グリーン グリーン
丘の上には ララ 緑があざやか~♪

久々の安心院テラコヤのグリーンリトリートツアーでした。
身をケヅって頑張っているパパさん達の束の間の休日でした。

黒島特攻平和祈念祭へ。

/ 2015年5月14日木曜日 /
黒島特攻平和祈念祭へ行って来ました。

今年も行ってよかった。
先祖の供養の為でもあり、黒島に落っこちた佐野家の遺体を本当に良くして頂いたご縁のある島の人々との再会を果たす為にも、
そして、絶対に繰り返してはならない戦争の記憶と、「特攻しろ!」と国策で命令を出した国があると言う事実を再認識するためにも。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

団長が黒島に通い始めたほぼ同じタイミングで祈念祭に参加するようになった、元TVディレクターの小林さんご夫妻の奥様が、黒島と戦争記憶に関する本を出版された。
旦那さんのこうじさんは、黒島に関する数本のTVドキュメンタリーを手がけた後に、癌を発症し、闘病しながらの執筆であった。
最初の一度だけ、ご本人と祈念祭でご一緒し、その後会えないなと思っていたら、彼も病床の上で事実を後世に伝える為に戦っていたのだ。
そして数年後に書きかけの原稿を残し逝去され、奥さんの千恵美さんがこの黒島の命のストーリーと、こうじさんの命の原稿を引き続がれた。

魂の一冊、ようやく昨年度末に出版。
この本を元に、現代の社会と1945年当時の特攻に纏わるストーリーがクロスオーバーする映画が製作開始されています。

今年は戦後70年の節目の年であり、それは戦争体験者の先達の方々がもう90歳を超えてきていて、あの悲惨さを実体験を語れる方々がどんどん少なくなっている事を意味する。

そしてこのタイミングで、帰ってきた翌日、何気なくコンビニでレジ横の新聞を見れば・・・・・・


黒島に、そして特攻隊の方々に出会ったおかげで、見えてくる真実が山ほどある。

特攻隊や戦中にこの島に関係した方々も、戦後以降の何らかの御縁で黒島を知った方々も、触れ合い、理解してしまうと、魂揺さぶられ、命突き動かされる島、黒島。
有吉佐和子さんしかり、小林ご夫妻しかり、団長しかり、もうこの島との、そして島に住む人々とのご縁もライフワークになりました。


GWGW!

/ 2015年5月7日木曜日 /
乗り切りましたGW。

まずは、GW前日の5/1。
メインファミリーカー「から揚げボンゴ号」の死亡宣告に始まり。
GWの旅行は一瞬諦めましたが、なんと翌日には奇跡的に大分県内にてリビルト済みの噴射ポンプの在庫を発見してしまい、確保。


5/2。
なんとか明日までに噴射ポンプ交換・タイベル交換・ウォーターポンプ交換を全て直せるか???
とクルマに潜って、エンジンをバラシ始めたその時!!
サイレン全開で目の前を通り過ぎる消防車!

普段は団長ですが、こうなると一人の安心院町の消防団員、スクランブル発進です。


不幸中の幸いにも死者やけが人はありませんでしたが、逃げ遅れた「牛」一頭がご臨終。
そのまま消防の慰労会に雪崩れ込み、GWは思わぬハプニングでどんどん過ぎ去る。

さて!二日酔いの5/3!
あっという間にGWも中盤です!

さすがに今回はキャンピングトレーラーは諦め、初心に戻って軽自動車「ジムニー」で参戦へ。


元々テントキャンパーなので、キャンピングカー無くても全然お手の物。
テントと七輪とMTBをジムニーに突っ込んで、いざ阿蘇へ!

 
 
 
 
 
 

一時は行くことすら危ぶまれましたが、やはり来て良かった。
つーか。来る以外に無かった。
ここで待っていたのは紛れも無い家族たち。

音楽も、家族たちとの連日のBBQも阿蘇の自然も最高でした。

ようやくWIFIも飛んでいなく、PCも無い阿蘇の自然の中でゆっくりメディテーション。

からの。
そのまま一旦家に帰って、ジムニーの荷物もそのままに、軽トラにチェンジ。
キャンプ道具から釣り道具に道具を変え、マイボートへスクランブル発進!
予約いただいていた仕事の同僚家族といざ別府湾へ!

 

なんと!
虹空でのフォースが高まったからか?シーズンインしているのか?
笑いが出る位の「爆釣」でした。
まさに「入れ食い」。
一時間半位の釣行でしたが、竿二本で、子供たちと釣っても40位釣れました。

また阿蘇の「静のメディテーション」とは違った海の上の「動のメディテーション」。
真冬になんどかボーズ食らいましたが、ついに完全シーズンインですね。

別府湾、今、青物入ってます!
大人ばっかで竿4本出せば100匹余裕でしょう!

と、言った感じの、相変わらずのドタバタGW航海日誌でした!

さて!通常生活へ・・・・・
と思いきや・・

次の週末も「黒島特攻祈念祭」ですね。
まだまだ団長劇場は続く・・・・
Heaven Explorers. Powered by Blogger.

Popular Posts

フォロワー

ページビューの合計

 
Copyright © 2010 Heaven Explorers , All rights reserved