FLIR製、赤外線サーモグラフィで発見。

/ 2012年2月28日火曜日 /
外はゴンゴン雪降ってます。

せっかく作った「ロケットストーブ」。
折角なんで、もうちょっと出番無いとねえ。

そんな雪の夜。

グッドタイミングな事に、ガレージも、家の中も当然薪ストーブ&ロケットストーブ全開で駆動中の最中、ソーラーパネルと再生バッテリーの方で開発をさせて貰っている豊後高田の先達より憧れの一品をレンタルして来ました。

そいつの名は、「FLIRの赤外線サーモグラフィ」。
どーーーーしても、出来立てのロケットストーブの温度測定と、薪&ロケットストーブの発熱量の差が知りたかったのです。

このi5。ピストル状になってて、トリガーを引けば、SDメモリに画像を記録!
面白すぎです。
もちろん、将来的な「買うリスト」に入ったのは言うまでもない。

さて!遠慮なく「計るぜ」。

念願のサーモグラフィ、さすがはポイント測量では無く温度の完全可視化!
一目瞭然だぜ。
まずは薪ストーブ。

サーモグラフィの設定が270℃までだったので、本体の白い部分で300℃あたりか。
くまなく全体が250℃位出てる模様。
以外にも、ストーブトップの機械式メーターの針も300℃ちょうど。
意外な正確さに驚く。

さて!続きましては、ロケットストーブの測定。
当然ながら、一次燃焼室上部周辺は270℃位。
気になる熱交換筒(ペール缶)トップの温度は、トップのフラット面のみ250℃位。
側面はソコから段々下がって行く。

ペール缶の耐久性を考えれば、こんなもんなのか?
中で炎がバキュームされてる事を考えると、もっと上げれる様な気もするが、薄い鉄板の外筒で鋳物の薪ストーブより高温にする必要もないか。

つまり!
比較するロケットストーブが無いから詳しくは不明だが、薪ストーブと比べても、温度は高すぎず低すぎず。

現状、「最初にしては、よく出来てる」方ではないかと。

一先ずほっとした所で、ついでにサーモの他の使い道など模索。
ただ色々計って遊んだと言う話もあるが。
まずはこの方。
やはり鼻が長いだけあって、先っちょは16℃しかないと言う発見。

それと、本日一番の発見は。
部屋の隅の土壁の痩せた隙間。
てっきり冷たい空気が出てきてるとばかり思っていたら、むしろ19.4℃の暖かい空気が出てきてた。

昼間に暖められた屋根裏の空気という事になるだろう。
たしかオレゴンで見た「パーマカルチャーハウス」で同じ様な仕組みがあったような。

おお!太陽熱畜熱システムか!
ただの偶然ですが。

ってな感じで、思わず盛り上がる大雪の夜でした。

太陽光発電、テスト中。

/ 2012年2月27日月曜日 /
本日は晴天也。

絶好の発電日和です。

本日よりテスト発電中。
発電&蓄電システムは機能してるんですが、完全に家とドッキングさせるには、住居側にまだまだ改造とデータ取りの必要アリ。

今の設計図通りに出来上がれば、基本ソーラー&バッテリー駆動で生活し、3~4日間以上曇るとバッテリーが空になる?ので、そん時だけ自動で九州電力に切り替わるハイブリッド仕様か?

続、学びの時間 in 百種

/ 2012年2月26日日曜日 /
月末でめちゃ忙しい最中。

東京からやってきた友人の「あまちゃん」が、長野県で古民家の宿をやってる地域活動家さんを呼んでWSをやると聞いた。

開業はしてないものの、一応「グリーンツーリズムインストラクター」なる資格を持つ身としては、長野の宿や地域おこしの活動状況を聞きに行きたくもなる。

安曇野地球宿 増田望三郎さん>> http://chikyuyado.com/

今宵も、良いインスピレーション頂きました。

グリーンツーリズムは元々本質的に「半農、半X」はクリアしてはいますが、
大分のGTに無くて、安曇野にあった発想は・・・・・

「半宿、半コミュニティスペース」や、
「半グリーンツーリズム、半ゲストハウス」(この差はデカイ!)などなど。 

なるほど。
当地GTは、「ゲストハウス層」が拾えてないのか。

一つの理想郷。

/ 2012年2月22日水曜日 /
こちらもまた、頭が下がる思いの、先駆者のご夫婦でした。
山奥のガーデンとファーム。
自宅横に素敵な店舗。
週に二日しか開かないレストラン。
ちょびっとやってるネット通販。

そして、お店の中の本棚には、使い古された福岡正信とビルモリソンの本があって・・・・

その畑を見ながら食べる野菜の旨さと言ったら、この上は無いね。

ニンナナンナさん>>http://www.ninna.jp/index.html

素敵な生活を拝見でき、自分達の未来も少し見えた様な気もしました。

スローはスローでも「丁度良い速さ」。
これが簡単な様で難しいんです。きっと。

素晴らしい生活や、自然な暮らしを実践している方、居ますね。
まだまだこの大分についても知ってるようで、全然知らないね。

WARANAYA cafe × CREEKS. 《出張》学びのじかん

/ 2012年2月20日月曜日 /
最近は、人の話を極力聞くように心がけています。

特に、今晩のWSの内容が、
「大量生産、大量消費の対岸に生きる人々を描くという視点を持つ意図と背景」とか、
「スローライフといわれるものの実態、その取材現場からの報告と舞台裏」と言われれば、行って見る価値もあるかと、由布院へ足を運ぶ。


由布院 CREEKSさん>>http://creeks.jp/2012/01/article001333.html

自分が、大量生産、大量消費の対岸に生きる人々なのか、スローライフがやれてるのか?どうかの実感なんて無い。

日々、自分らしくやりたいようにやってる自信だけはありますが。

今回のWSの講師はノンフィクションライターさん。

あまり「ソレ系」の本は読まない我が家では全く知りませんでしたが、
その方のお仕事を見せて頂いて、一つ知った事は、「ジャンクスタイル」と言う言葉。

ジャンクスタイルとは、
自分のものさしをちゃんと持ち、物をトコトン大事にしているということ。

「壊れたら直す。気に入るものがなかったら作る。
見向きもされない廃品に新たな命をふきこみ、愛でる。
ブランドや情報に振り回されることなく、自分の審美眼を大切に、
自由に生きる人たちの新しい暮らしの思想」。


だそうです。

全く否定のしようもない位、どストライクにカテゴライズされてますが、一つ違う事は・・・・・・・

本人は全く「ジャンク」だとは思って無い事くらいか。

その他諸々。
お話を聞いてみて、リノベした古民家で、車作って、ストーブ作ってるやっぱりウチは、一般的に見ればやはり、「中の人」かもと。

ロケットストーブ只今テストフライト中!

/ 2012年2月18日土曜日 /
外は大雪。

その雪の最中、ソレは完成しました!

ガレージの中で作ったんで、現状はそのままガレージで煙突繋いでテストファイヤーしています。

緊張の初ファイヤーの時!
なんと、筒内に残ってたセメントのカスや断熱材の砂が、パラパラと巻き上げられるのが解かるほどの吸引力。
火が横に流れ続ける感じは不思議な感覚です。

そこに火はあるのに、熱だけ頂いて炎と煙は完全燃焼させた後、排熱まで使い切る発想も素晴らしいし、
薪が、ろうそくの様に先っちょから徐々に燃えて、自重で自動にローディングされると言う点も凄い。

そして!コイツの一番凄い点はそう!「自分で作れる」所!
その上、お安く費用もちょうど1万円位。

自然エネルギー・高効率・低コスト・セルフビルド。

250年前、かの100ドル札で有名なベンジャミンフランクリンの「薪ストーブ」の発明以上の凄さですよ。
ウチにとってはね。

時計型にロケットを押し込むアイデアは、一部話題の某巨匠作ですが、入手できるパーツが全然違うんで、結局細かい設計からになりました。

ついでに自分のアイデアも加味して、ペール缶を繋いだ外筒は、取り外し&長さが調整できるようになってたり、ヒートライザーの中身は驚きのジャストフィットパーツを宇佐のホームセンターで見つけたりと、結局自分の試行錯誤と工夫創意です。

これ本当にスグレモノなので、広く知って貰うべく、団長verのロケットストーブ製作過程やら方法は、詳しく説明したいんですが、まだ出来て二日目。

ヒートライザーや、バーントンネルのレンガ、外筒のペール缶の耐久性が不明なのです。
火事を起こさない為にも残りの冬だけでも、テストした後からにします。

とは言え、実物は見れますので、興味がある方、ウチのガレージまでドウゾ。

明るい農村エンジニアリング。同時多発ロケットストーブ!

/ 2012年2月17日金曜日 /
現在製作中の「ロケットストーブ」。

仕事が多忙で、ナカナカ時間が取れず、完成してません。

さらに!

ウチで作ってるのを見た安心院ローカルの友人達が、そこからわずか3,4日で一気に完成させていました。
しかもまた時計型とは違うタイプ。

いいねえ!データの共有ができる!

そして懸案のウチの状況は・・・・・・・・
まだヒートライザーの仮置き。
これをアングルで巻いて溶接してから、二次燃焼無しの状態でテストして、
OKだったら外筒作りしたいんやけど、ガレージから外に持ち上げる人手が居ない・・・・・

まあとにかく!
ウチの含めて一気に安心院にロケットストーブが3機も誕生します。

さてどこまで広がるか!?
明るい農村エンジニアリング、ロケットストーブの輪!

映画「ストレンジデイズ」で見た世界。

/ 2012年2月16日木曜日 /
好きな映画の中にジェームスキャメロンの「ストレンジデイズ」がある。
映画の中で、「スクイッド」と呼ばれる頭にくっつけて視神経を記録し、別人が再生出来て他人の経験を疑似体験出来るビデオドラッグが出てくる95年の映画。

2012年。
それはほぼ現実に・・・・・・・

今までは、エクストリームの本人目線の本気アタック映像は、カメラが衝撃や水に弱く、大きすぎて、無理だった。
だから、まだまだやった本人以外、誰も見たことが無い世界だらけだった。

その常識を「小さくて頑丈なだけ」が取柄のこのカメラが変えた!
http://jp.gopro.com//

一々ぶっ飛んでなくても、上のムービーのお姉ちゃんと滝で遊んでる絵とか、サルが触ってる絵みたくナチュラルにも十分遊べそう。

現在、この現代版スクイッド「GoPro」、次期欲しいモノリストのNO1です。

献花。

/ 2012年2月15日水曜日 /
先日はお葬式へ。

この家を建てたおじいちゃんが亡くなった。
大家さんって意味じゃなくって、実際に建てた棟梁のじいちゃん。
2軒隣に住んでた方だ。

この家が築65年だから、85歳で大往生されたじいちゃんが20歳位の時に建てた計算になる。
多分、この家の欄間も20歳の時のじいちゃんの手彫りの作品。
欄間にしては荒削りな所がむしろ気に入っている。

昔は、大工さんは欄間に、左官さんは鏝絵に自分の芸術性を後世に残してたんやね。

そんな荒削りな若かりしじいちゃんが建てた我が家のテーブルの上には、
そのじいちゃんの葬式で頂いた菊の花が飾られている。

この家も、今回のお花には特別な意味があることを感じたやろか。

これからも、この家、大切に使わせて頂きますよ。

百日祝いのお食い初め。

/ 2012年2月14日火曜日 /
「百日(ももか)の祝い・お食い初め」とは、個人差はあるが、新生児の生後100日頃に乳歯が生え始める。
この時期に「一生涯、食べることに困らないように」との願いを込めて食事をする真似をさせる儀式である。
今日で生後100日!
そろそろ歯が生えるそうで。

最近は、手が二本ある事を理解したみたいで、交互にグーパーしたり、右手で左手を触ったりしてます。

ジムニーサウンドシステム。

/ 2012年2月12日日曜日 /
前回、三宅洋平&peace-k&REZAでツアーに来てたpeace-kが、
今回は、カミサンとの夫婦バンド「ハンピー」で耶馬渓はバルンバルンの森の「cago」にやって来ました。

ジムニーのルーフキャリアにPA機材乗っけて会いに行ってきました。
ベイビー in a car. スピーカー on a ジムニーです。

今までは、二人だったから余裕でしたが、ベイビーが出来て、後部座席がベイビーに占拠されました。
早くヒッチメンバー付けて、リアキャリアも増設しないと。
そして「ハンピー」のライブ。

夫婦バンドって、やっぱ夫婦にしか出せない温かみがあって良いなあ。
選曲も、清志郎~ボガンボス~スマイル~サッチモなどなど、いつものウチのヘビーローテーションナンバーがめちゃ多くて、なんだか外も暖かな小春日和で、気持ちの良い耶馬溪のキャンプ場ライブでした。

peace-k&ハンちゃん&まゆみ姉。
これからも良い旅を!

オープンソースカンファレンスin大分。

/ 2012年2月11日土曜日 /
普段、滅多に行かないソフトウェア系の集まり系に行ってみる。

オープンソースカンファレンスin大分。
http://www.ospn.jp/osc2012-oita/

どれ位人来るんだろ?と思いきや、丁度良い位の人の入りで。
面白かったけど、思ったより全体的に初心者向けなWSだった。

気になってたソフトの情報は一個ゲットしたんで、
まあ目標は達成できたから良しとしましょう。

大分での米軍の演習の意味。ウチから15分の所で、ライフル持って演習場外をウロついてる。

/ 2012年2月10日金曜日 /
例年、気にはしていましたが、日出生台の米軍演習。

この日出生台まではウチから車で10~15分の距離。
発射の音は結構響きます。

今年は、普天間の移転先問題の最中での大分演習である点や、沖縄に引っ越して基地問題の活動に深く携わっている友人も多いし、さらにここ日出生台の監視小屋のソーラー自家発電化の手伝いもあったりで、例年はネットで確認しているレベルでしたが、今年は、仕事の合間に監視小屋に顔を出さして貰っています。

このまま九州での演習や駐留を拡大するつもりなんだろうか?
米軍、ハマー(ハンビー&牽引ジェネレータ?)で、早速道路脇で脱輪してたり、演習場の周りには米軍演習反対の活動の僧侶の方々、監視小屋の地元活動家の方々、報道の人達、防衛局?公安?のマスクの怪しいおっさん達、自衛隊に雇われた警備会社の車、とにかく緊迫した雰囲気です。

これが沖縄ではなくウチの裏山での出来事。

最新情報では、榴弾砲やM16抱えて国道をうろついてるんだとか。
http://ameblo.jp/localnet/entry-11161533564.html
フル武装で、温泉かローソンにでも行こうとしてるのか?

二日目にして、早速はみ出しまくりです。
これと共存している沖縄の方々、どんだけ大変なんやろ。

今回、現地に行って実際に見て、長年監視をしている方々のお話を聞いて、解かった事があります。

何の為に、20000人も居る在沖縄米軍の中の200人!わずか1%がここ大分に来てるのか?

沖縄の方々の基地負担の軽減の名目もあるし、実際演習もしてる。
普段の自衛隊の演習と同じく、「賞味期限切れ実弾」の発射による廃棄処理も兼ねているんだろう。
最終日の「玖珠カウベルランド」での焼肉&温泉ぱーてぃーが楽しみな兵隊さんも居るだろう。

しかし!ここからです。

米軍の「実弾射撃」なんて、ホントは沖縄の中だろうが、海の上だろうが、そもそもアメリカ人なんだからアリゾナのアホ程広い砂漠の真ん中でも、どこでも良いんです。

では何でわざわざ沖縄ではなく、この大分で行う「射撃訓練」の本当の意味・・・・・・

それは、「沖縄の海兵隊を九州に運ぶ行為」そのものをシュミレーションしてるんだと知りました。

九州(または第三国)への「上陸作戦の演習」。

困ったもんです。

演習させられているのは、実は兵隊さんでは無くって、チャーターの貨物船、飛行機、挙句には地元の運輸会社までが、米軍の上陸作戦の一部として演習をさせられてる。

昔と違って、どんどん民間企業もアウトソーシングの仕事として戦争の作戦に取り込まれる時代な訳です。
http://www.mod.go.jp/j/procurement/chotatsu/naikyoku/nyuusatu/2011/12/01a.html

そう、そして運送会社だけではないです。
演習場付近の地元の方々や、さらには、日本国全体の米軍への意識をを徐々に慣らして行こうとしている、「普天間のその先」を模索する本土への触手そのものに他ならないと思います。

むしろ今回、米軍が日出生台で演習を始めたおかげで、沖縄の心労や、普天間の問題が、ウチから15分の山まで迫ってきている現実を認識しました。

まずはこの気づきを頂いた監視小屋の方々。
祝島カヤック隊の方々と並びリスペクトいたしております。

米軍演習と、さよなら九州電力。

/ 2012年2月9日木曜日 /
昨日は沖縄からの使者と飲んでましたが、明日からはウチの目と鼻の先の「日出生台演習場」で沖縄の米軍の演習が始まる。

そこに、近隣有志の方々の監視小屋があって、その監視小屋の電気は、こんなご時世、九電の電気を使わずになんとかならないか?と言う事で、自作の太陽光バッテリーシステムを組み込むと言う。

演習自体の規模や状況も気になるし、ソーラーシステムも春にはやるつもりだしで、取り付け工事をかって出る。

現地は猛吹雪・・・・・・
そんな中、なんとかセッティング完了しました!

トラック用を流用したAC-DCコンバータは出力1000W。
テストで点けた蛍光灯は、30型が8本。



あれ!ウチの夜の消費電力なんて全然これ以下だぞ。


と、言うことは・・・・・・・・


暖房は薪ストーブ、テレビも、エアコンも、電子レンジも無いウチであれば、このシステムで問題なさそうですね。
自作ソーラーシステムの問題点、バッテリーのコスト。
力強い再生バッテリー屋さんの登場で一気に光明が見えました。

ロケットストーブを通り越して、ソーラーシステムが先に完成しそうな勢いです。


春、卒業シーズンにはウチは「九州電力から卒業」します。

手芽口土ミーティングin中津

/ 2012年2月8日水曜日 /
手芽口土なメンバーで、手芽口土なミーティングin中津。
原発の事、福島の事、沖縄の事、TPPの事、基地問題、都市伝説からタブーな話から、バカ話に至るまで。
乾杯から、あっちゅー間の数時間でした。

引き続き良い旅を!

311沖縄。
UA、モンパチ、三宅洋平もだが、FRYINGDUCHMANもこっち来るのか。

徐々にキャッチ率UP!おむつなし育児

/ 2012年2月6日月曜日 /
キャッチ率、徐々に上がって来ました。

おむつなし育児
http://www.omutsunashi.org/whatis.html

「おむつなし育児」で子育てに自信!
http://allabout.co.jp/gm/gc/188903/

先日、自宅出産つながりのご家族が「キャッチ」している姿を拝見し、目からウロコの佐野一家でした。
生後二ヶ月とか、こんな早くから出来るとは思ってませんでした。

そこからの数日、赤ちゃんの「最初の一声」や「最初の表情の変化」に感覚を研ぎ澄ます日々。

段々とキャッチ率上がって来ました。
まだまだ打率3割程度?ですが。

とりあえず、朝の一発目はキャッチしやすいね。

このおむつなし育児は、赤ちゃんとより深く繋がるきっかけになる感じが良いです。
良く見てると、やっぱあるのよ、笑顔が少し硬くなる瞬間が。
本人も、汚れたオムツの時間が減って笑顔の時間が少し増えた様な気がします。

そもそもオムツを汚す枚数が少なくなって、布オムツの洗濯の回数が減ってエコロジー。

手間はかかれど、人間本来の生活のリズムを実感できるという点では、薪ストーブ生活に近い???

三宅洋平ライブin日田!

/ 2012年2月5日日曜日 /
先日は、「節分護摩焚祈願」にデビューした由布彩ちゃん。

本日は、なんと生後三ヶ月にして「ライブ」に行って見ました。
一応、アコギ一本の弾き語りライブなので、大丈夫かなと。

子供を抱えてて、カメラ持てないので、本日のフォトグラファーは、ミユリンです。
由布彩ちゃんの人生初ライブは、「三宅洋平ライブin日田」になりました。

そして!何を隠そう(隠してないですが)本日2月5日は、私達夫婦の結婚記念日でもあります。

ライブも、もちろん良かったのですが、今晩の驚きは・・・・・・

日田市。
盛り上がってます。今日のチケットもSOLDだとか。
映画館をリノベーションして、地元のグループが、アート映画の上映やライブやってたり。
ユースカルチャーやアートカルチャーみたいな動きを少し感じる事が出来ました。

さらに!日田市の人口が7万人だと。

うむむ。
確か我等が宇佐市は6万人だったはず。
そんなに変わらないのか。

まあ巨大都市「福岡市」が商圏に入る地理感だとは言え、同じ大分県内、近い規模の街での良い成功例は、嬉しいような悲しいような複雑な心境。

帰りに寄った居酒屋は、クオリティも良し、4人で飲んで食って「3250円」。

ちゃんとシーンもあるし、食いもんは安旨だし、なんだか良い街じゃねえか。日田市。

今宵も・・・・・・

/ 2012年2月4日土曜日 /
まずは!
ペール缶20個来ました!
やはり!持つべきものは良質なブログ読者ですねえ。
配達までして頂きありがとうございます。

さてこれで待った無し!冬が終わるまでに作り上げますよ。

そして!今宵は土曜日と言う事で、今宵もバースデー&新年会でした!

焼き牡蠣あり、ダッジオーブン料理あり、イノシシのジビエ料理あり、ケーキありライブありetcetc....
の、パーティーでしたが、ダッジオーブンやら薪ストーブやら子供やらの面倒を見てたら、写真無いです!

締めのろくさんのライブのみパチリと。
みなさん!本当にありがとうございます!

ジムニー雪中行軍と節分護摩とWALKJAPANと

/ 2012年2月3日金曜日 /
昨日のバースデー&味噌作りキャンプからの翌日。

いつもお世話になっている天台宗「両子寺」にて、節分の護摩焚き祈願が行われると聞いた。

長く子供が居なかったウチが、大分に来てこのお寺さんに縁が出来て、通う様になったら即座に子供を授かったと言う縁のあるお寺だ。

前日からの雪で、道路はガチガチだったが、今日はジムニーなので楽勝!?
つーか楽勝過ぎだった。
今までのパジェロは、ターボ・5速・ABS無しだったけど、今度のジムニーは、ノンターボ、AT、ABS。事故りようが無いです。

安全やけど面白さは若干減少?
まあ、赤ちゃんが居る時代は仕方が無いでしょう。

そんなジムニー初の雪中行軍を経て、国東半島のど真ん中、両子山頂にある両子寺へ!
生後間もない由布彩を連れて、参加して来ました「節分護摩祈願」。
全然軽いイベントではなく、「本物」のご祈祷でした。
若住職からも「天候の悪い日のお参りこそ強い祈りがある」の言葉もありました。

そしてそのまま、両子大豆を豆まき。
天台宗では、鬼は仏なので、「鬼は内、福も内」です。

良い経験でした。行って良かった。

そこで、外人さんが参加してるなあと思ったら、最近いろんな場所で顔を会わせる杵築の「ポールさん」ではないですか。
彼の会社、外国旅行者向けの日本国全土のツアーガイドの会社

WALKJAPAN
http://www.walkjapan.com/

話をしていて、最近出来た(まだ全部はできてない)古民家のリフォームオフィスを拝見しに行く事に。

そして!案の定ぶっ飛ばされる。
古民家meetsワールドワイドオフィス。
全部で6年がかりだそうです。

トイレはコンポストトイレ、裏の畑の石積みまで手作業で行っていました。

古い文化と新しい文化、日本の文化と外国の文化、上手に混在させてる。

ポールさん。凄い人だ。

と言う、またもや、新たな発見と、刺激を頂きまくりのバースデー翌日でした。

一年で一番寒い日にヤルのが「ミソ」なのです。

/ 2012年2月2日木曜日 /
味噌は 「大寒」から「立春」の間に仕込むと発酵がうまくいくと言われているらしい。

今年の大寒は1月20日、立春は2月5日。

まさに今!

豊後高田は、夷谷にて、「味噌作り&龍さん&団長バースデー」が開催!

祝われに行って来ました。
味噌作りの途中、俺は仕事で外出。
5時間位過ぎてから戻るも、女達は同じ場所で大豆をつぶしていました。
最高の仲間に、記念すべき「大台」に乗った年のバースデーを祝って頂きました。
ありがとうございます。

男、40にして立つ!です。

それでもまだまだ父親一年生ですが、今年も今まで以上に、
楽しみながら出来る環境負荷の少ない持続可能な生活サイクルを作って行こうと思っています。

Heaven Explorers. Powered by Blogger.

Popular Posts

フォロワー

ページビューの合計

 
Copyright © 2010 Heaven Explorers , All rights reserved