豊後高田湾の可能性。

先日、国東での海賊達との待ち合わせ前に、通り道だったと言う理由で軽い気持ちでカヤックで流してみた「豊後高田湾」。
そんな名称ではないのかもしれないが勝手にそう呼んでいる。

昨日も暑くて死にそうだったので、海か川でも行こうかと思った所、やはり気になる豊後高田湾。
どうせ小屋の屋根張りできる気温ではなかったので、軽トラにカヤックを突っ込んで、夕まずめ狙いで出撃してみた。

この日は到着した時点では「ドン引き」。
なんと軽トラ(2WD)で本来は海の中である部分まで走れたので海の真ん中で、カヤックを着水させる。


この「豊後高田湾」、いわゆる干潟で、とにかく浅い。
漕ぎ出して暫くして海の真ん中に居ても場所によっては底がすぐそこに見える。
なんならカヤックの底を摺る所や、瀬になって顔を出している部分もある。

という事は・・・・・・
何気なく最近入り始めたこの海にはソレが起因した他の海と圧倒的に違うことがある。


それは、この湾(河口)は浅すぎて干潟の中には港が無い。
つまり他の船が航行していない(できない)と言う事。

この豊後高田湾。
初心者向けのカヤックやSUPのフィールドとして、かなり優れているねココ。

しかもである。
ルアー投げればちゃんと出るもんも出る!


黒鯛(チヌ)をトップルアーのホッパーと言う、全く沈まないルアーでの釣り。
沈まないどころか、着水してからルアーの動きも、食いつく瞬間も見え見えだから、ルアーの後ろにデカイ魚が付いてきてる時なんてかなりエキサイト。
そしてまたこの黒鯛が良く引くんだわ。

この日は大潮でタイミングは昇り潮、かなり引いてた状態から始めたので前半は渋かったが、潮が止まり始めた瞬間に「ガチョーーーン!!!」からの見事に「ハラホロヒレハレ~~」しました。
先日ラインぶっちぎられた50cmクラスを見事キャッチです。

まだまだ全体も見渡せてませんが、この「豊後高田湾」。
何より家から近い!軽トラで行ける!カヤックはもちろん人力!と、お財布と環境にもかなり配慮した「優しい冒険」。
実はかなりの可能性を秘めた面白いエリアなのかもしれないと少しずつ探究心が沸いて来ています。

いわゆる「ハマッタ」と言う奴です。
コメントを投稿
Powered by Blogger.