3月3日。

今日は3月3日。
「ひな人形を飾って女の子の健やかな成長と幸せを願う日」 ひなまつりである。

何も無くても「祭るの」好きで、田舎の古民家暮らし中で、さらに女の子など生まれてしまったウチには、親戚一同や、おばあちゃん達から早速ひな人形が送り込まれ・・・・・・・・

最後に使ったのはカミサンが子供だった頃と言うひな人形を、20年ぶりに分解、清掃し、ボンボリも点くように改造した。
さらに頭上には、佐野のおばあちゃんから送られた、筑後地方伝承の「さげもん」(さげ雛)も装着され、ギャラクシー感UP!
やはり、こう言った伝承には理由があってか、グズッタ時でも、このさげもんを見せれば、ぴたっと泣き止む。

カミサンが借りてきてた、シュタイナーだかモンテッソーリ教育だかの本にも、赤ちゃんの目の先に人の形のモビールを下げると教育的に良いとか書いてあったが、昔の人たちは直感的にそれを理解してたのか。

本場、筑後に習って、おひなさまがある間は、訪れた方に、お茶とお菓子をお出ししてます。

いつでもどうぞ!
コメントを投稿
Powered by Blogger.