書無しステップワゴン4ナンバー公認&牽引登録成功しました。

先日、国東半島の片隅で、鉄屑屋に引き取られる運命だったステップワゴン君。

重ステのダットラだけでは、不便だったので、遠慮なく頂いて参りました。





ホンダ車定番の、フロントのシャフト&ラックブーツ周りを新品交換しながら、登録作業など進めて来ましたが、意外な事が判明。

なんと、車検証の中にある廃車書が、実は廃車書じゃない事が判明!

平成21年から廃車書(一時抹消登録証明書)が無くなって、代わって登録識別情報等通知書と言う形式になってる。
その書類の日付が廃車時のと違うと言う事で、今回のケースは登録識別情報等通知書ではあるが廃車の証明にならないと言うヤヤコシイ話。

つまり、廃車時の書類無し!の扱いだそうで。

じゃあ、廃車書の再発行をすれば良いのか?と問い合わせると、、「普通は無理ですよ」との事。

そりゃそうだわな、これが出来れば誰だって車を拾って来たり盗んで来ても登録が出来てしまう。
防犯上と、あとはもちろんメーカーさんの意向を汲んでの対応だと思われる。

しかし!あっさりとは諦められません。
もう車はジャッキアップしてるし部品着てるしで、食い下がってみると実は裏技があって、複雑な審査の上で登録が出来るケースがと言う。
その場合は、嘆願書、理由書ほかの山ほど書類を書いて、審査を待って廃車書類無しの新規登録をしてくれと。

「よほどの高級車か思い入れのある車じゃない限りは誰もやりませんよ」とも付け加えられたが、
もはや、ココから先は趣味の世界。

初の書類無し車の新規車検に挑戦と相成りました。





こうなったら、やって見たい事を全て実践してやるぜ!

っちゅー事で、書類無し車検の上に、同時に公認構造変更(4ナンバー)、950(キャンピングヘッド)登録と、ややこしさを倍増させて見ました。

公認部分の検査表2は、変更部分で真っ赤です。

結果は!


世にも珍しい、ステップワゴンならぬステップバンの完成です!

5ナンバー内装で、4ナンバーの維持費。無限のパーツでライトチューン済み。

ジムニーより、維持費はかなり下がりましたが、
利便性と広さとエンジンの排気量はかなり上がりました。
燃費もジムニーより良いみたいです。

子育て快速号の完成です。
コメントを投稿
Powered by Blogger.